膝の痛み・捻挫 肩の痛み・打撲 脱臼・骨折 腰の痛み 痛みのご相談お受けいたします。お気軽にご来院下さい!

交通事故:弁護士費用補償特約(弁護士特約)

弁護士費用補償特約ってどんな時使うの?

  • 自分の入っている任意保険に
    「弁護士費用補償特約」が付いていますが
    どのような時に使ったらよいですか?

  • 事故後交渉で困った事が
    起きた時に使って下さい。

    (注意)
    弁護士費用補償特約を使用しても、次回の保険料金に変化はありません。
弁護士特約ってどんな時使うの?

過失割合に納得いかないとき

過失割合とは事故の当事者同士の責任の割合のことです。
信号待ちで追突された場合などは「あなた 0 : 100 相手」ですが

お互いが動いて起こった事故などは複雑な判断になります。
過失割合は便宜上お互いの保険会社が話し合って決めます。

もちろんそれで良いかは事故の当事者(あなたやお相手)の合意が無ければ成立しませんが
腑に落ちない過失割合を押し付けられることもあります。

もし納得いかない過失割合だった時は、弁護士さんに相談してみてください。
今までの判例などを考慮に入れて適切な過失割合を提示してもらえます。



治っていないのに保険会社から「治療の打ち切り」を言われたとき

治るまで一生診てもらうことは難しいですが、治っていないのに

「3か月までの決まりなので」という言葉などで打ち切られるのは不当です。 

 

このような場合に弁護士特約を使うと、弁護士さんが代わりに交渉してくれるので

不当な打ち切りを回避でき治療に専念できます。



後遺症が残って「後遺症認定」を受けることになったとき

もうこれ以上治療しても回復改善が見込めない症状が残ったときは、後遺症認定を受けることになります。
認定に関して相手の保険会社は特別努力をしてくれるわけではありません。


弁護士さんに依頼すると、後遺症認定を得られやすいように、色々と助けてくれます。

後遺症には1~14の等級があるのですが(1級が最も重い後遺症、14級が最も軽い後遺症)等級に

納得がいかないときも手助けしてもらえます。



「示談金」(慰謝料等)に納得できない時

保険会社から提示された示談金に納得できない時は相談しましょう。

不思議なことに、慰謝料には

保険会社が考える「任意保険基準」自賠責保険が定める「自賠責基準」弁護士さんが考える「裁判基準」と

3つの基準が存在します。

もちろん一番補償額が大きいのは「裁判基準」です。
弁護士さんに相談することで「弁護士基準」での示談金を受け取ることが出来るかもしれません。

弁護士さんは細かいトラブルにも相談、対応してもらえるので、

「なんだかよくわからない」 「納得いかない」と思ったら相談してみてください。

示談が終わってから(示談書にサインしてから)では遅いのでお気を付けください。



弁護士特約を使う手順

  1. 1

    自身の保険会社に電話

    まずは自身の保険会社に電話で「弁護士特約を使いたい」と申し出る。
    (保険会社推薦の弁護士さん以外に頼む時は簡単な書類書きが必要なこともあります)

  2. 2

    弁護士事務所に電話

    交通事故を専門的に扱っている弁護士さん(弁護士事務所)に電話し、困っていることを相談する。




Copyright©はなまる整骨院 All Rights Reserved.