交通事故・むち打ち

  • 怪我をしていないのに、首や肩周りが動かない
  • 事故後、手足にしびれがある
  • 事故後、頭痛、めまい、吐き気がある
  • 事故に遭ってから、腰部や膝が痛い
  • レントゲンでは何も異常がなかったのに、違和感がする

交通事故後にやってくる痛み

施術交通事故に遭うと、骨折したり怪我をしてしまったりするイメージはあると思います。
ですが、実際事故にあった方はご存知だと思いますが、首が回らなくなったり、腰が痛かったり、事故の衝撃による体の損傷はかなり根深いものになっています。

約80%超の方は、首の筋肉や神経を傷つけてしまい、この状態を「むち打ち」と呼んでいます。
バイクの事故、自転車の事故、バスや車同士の追突など、状況によって痛める箇所に個人差はありますが、首は人間の身体の中で重たい頭を支える唯一の部分です。体の箇所で最も損傷を受けやすいのです。

首の筋肉や神経の損傷は、辛い痛みが多い

怪我首周りの筋肉や神経の損傷はかなり辛い痛みが多いです。
自律神経に深く関わってくるので、頭痛、吐き気、めまい、脱力感などの不調があったり、見た目では怪我をしているわけではないので、なかなか理解を得られず、悩んでしまう方も多いです。
首は体の様々な部分とかかわりが深いので、全身が辛くなることも多く、放置をすると後遺症にもなりやすいので早期に繊細なケアが必要です。

腰部、肩の痛み、膝の痛みもある

ほとんどの方が首の痛みを訴える傾向にありますが、腰や肩、膝を傷つけてしまう方もおられます。
事故の衝撃で大きな負担がかかり炎症を起こしてしまっています。
首の痛みとは関係がありませんが、この際の腰や肩の痛みは交通事故のケガとして認められるものです。首の痛みをかばって身体のバランスが崩れることもあるため、全身をしっかり専門家に見てもらう必要があります。

交通事故の怪我は自賠責が適用される

自賠責保険交通事故の怪我は、事故証明書が発行されれば、自賠責保険の適用が可能になります。
同乗者の方、バイク事故の方、加害者の方も適用可能となっています。(※加害者が10割の場合など、適用されない場合はあります)
施術費用の他に、一日5700円の休業損害費用や、慰謝料が通院日数1日あたり4,200円支払われ、交通費や雑費、付き添い費用など、事故の治療に関わった費用は一定額支払われますので、早期の内にしっかり向き合った方が良いです。
ケアが送れば遅れるほど、痛みを解消することが難しくなったり、事故の怪我が他の痛みの原因となる場合があります。

事故後、一週間以内には、整形外科や整骨院に向かいましょう。
当整骨院では、事故後初めに来て頂いてOKです。

当院での施術

施術内容

施術当院での施術は、カウンセリングでお客様の体の状況を時間をかけて確認します。
どれくらいの損傷があるのか、首以外にも痛みや歪みがある部分はあるか念入りに確認します。

炎症を起こしていると、手では触れない場合もあるので機器を併用して毎回状態を確認しながら、事故で衝撃があった箇所に関わる部分を緩ませて正常な状態に戻していきます。
湿布や包帯、テーピング、サポーターなど使用し、痛みが抑えられるように対応も行っております。

ご本人の体調によって、痛む場所が日々変わることもあります。毎回痛みにあわせて臨機応変に対応しております。
痛みの解消にどれくらいかかるかは、その人の身体や損傷度合いによって変わってきます。

施術

早期に取り掛かれば取り掛かるほど、早期解消に導けること、自賠責保険の適用ができますのでお早めにご相談いただけましたらと思います。
高齢で動けない方や状態がひどい方など、電話でのサポートも行っておりますので、手続きなどで分からないことはお気軽にお聞きください。
手配の方をさせて頂いたことがございます。

保険が適用された場合、お客様の窓口負担はありません。

 

お仕事帰りなどでも通って頂けるように、事故専用時間があります

事前にご予約いただけると、平日夜19時~20時は交通事故治療専門時間となっています。
また、祝日の午前中もご予約で施術することができます。
ご予約がない場合は院をいないため、必ずご予約をお願い致します。