スポーツ外傷

  • スポーツで怪我をした
  • 怪我をしてから体に違和感を感じている
  • 怪我を何度も繰り返している
  • 冷やしたらいいのか温めたらいいのかわからない
  • スポーツのパフォーマンスを上げたい

スポーツで怪我をしてしまう理由

写真スポーツに怪我はつきものだと思います。
毎日、サッカーや野球などで何度も同じ動作を繰り返す方、例えばボールを投げたり蹴ったり、ジャンプや着地したり、走ったり…そういった動作の繰り返しによる、骨、筋肉、靭帯のオーバーユース(使いすぎ)で怪我をしてしまいます。これをスポーツ障害といいます。

他にも、突然方向転換をしたり、一気に圧力をかけたり、激しく動いてなおかつ毎日のように体を使いすぎているのだから、「怪我をしてしまうのは当然」だと思っていませんか?

実は、怪我が多い人には怪我が少ない人より、日常的に身体に負担をかけ続けています。一体どんなシーンなのか、それは普段運動している「ご自身のフォーム」です。
無理をして身体を使っているような人は、通常より圧倒的に身体にストレスをかけ続けています。
無理をしている自覚がなくても、ご自身の癖のおかげで身体に負担をかけてしまっている人もいます。

体に無理を続けると、怪我が多くなる

スポーツ外傷運動のフォームは人それぞれ個性があり、どの部位の筋肉や関節を良くつかっているなどの差が出てきます。
できるだけ、ご自身の体の一部ばかりに負担をかけないフォームをすることで、運動のパフォーマンスがアップしたり、怪我は少なくなってくると思います。
フォームの違いは実に繊細な違いです。負荷をかけるタイミング、身体の移動の仕方、繰り返す動きの仕方など、そのすべてが積み重なって、怪我をしやすい部分や痛みがでる箇所に個人差が出てきます。

怪我をしてしまった場合は、的確に処置をすること

もし怪我をしてしまった場合は、 安静、冷却、圧迫、挙上を怪我に応じて行いましょう。
炎症があるということは熱をもっているということなので、冷やして腫れをおさえましょう。
軽い捻挫でも後のスポーツのパフォーマンスに関わり、危険なので整骨院で見てもらって早期解消をされたほうが良いと思います。

当院での施術

写真当整骨院では、シンスプリント、肩関節周囲炎、捻挫、肉離れの方をはじめ、多くのスポーツ障害の方がいらっしゃいます。
ご自身で処置をおこなうより、整骨院で見てもらったほうが早期解消できたり、正しい処置を行うことが可能になります。

例えば、骨折をしてしまった方の運動ができない間の体を見させていただいたり、怪我をしないように体のバランスや癖をみることもできます。

施術内容

写真怪我の処置は、怪我や痛みの状況によってご対応させていただいています。

パフォーマンスアップを目指す方には、骨盤矯正、頸椎矯正をおこなって、身体のバランスを整える施術をご提案しております。
骨折の方は、自費となりますが酸素カプセルに入るとなおりが早いという声を頂いており、おすすめです。

施術の前にリラックスしていただくために、初回はウォーターベッドや電気、ブルブルなどの機器をサービスさせて頂いています。(痛み方によっては逆効果ですので、その場合はしておりません。)

スポーツの怪我のことで
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。